なぜ企業は第二新卒を採用するのか?

なぜ企業は第二新卒を採用するのか?

卒業・就職後2~3年以内に転職を考える求人層、第二新卒は、近年新しい企業戦力としての評価を高めていると言われています。

この要因はいろいろありますが、いくつかピックアップしてみたいと思います。

1.若さ・・・
若い人材を欲している企業はたくさんあります。しかし中小企業などでは一般的な新卒採用の中に参入して大手企業を志望している学生たちを取り込むには媒体費など多大なコストを要します。

しかし中途採用の一つとしての採用活動はエントリー、セミナー、選抜試験、数回の面接などの新卒採用に比べると、ステップを圧縮することが可能であり、新卒採用を中心とするプロパー重視の大企業との競合の可能性が低く、応募者も細分化された職種の中の希望がマッチングした上でのトライとなるので、入社後のミスマッチのリスクも少ない。

若いゆえにやる気のあるものの多く、こだわりも少なく企業風土に馴染み易い傾向があり、育て易いといわれています。

2.教育費などの圧縮・・・
「新卒」並みの採用ではあるものの、社会人経験が短いながらもあるために基本的なビジネスマナーや業界などの基礎知識を持っている人材を採用できる可能性があります。

これらによって、新卒では最初に行なわなければならない研修などをする時間的、コスト的負担を減らし、人材によっては入社してすぐに即戦力として業務に入ってもらうこともできるということは、企業にとって大きな利点だと言えましょう。

3.キャリアプランに対する考え方・・・
新卒のときはいかに企業研究をしたとしてもなかなか実感がわかない人が殆どですが、第二新卒層は、実際に仕事をして会社組織に入った経験があるので、前職を退職するまでのプロセスにおいて悩み、考えています。

本人としても同じ失敗はしたくないという気持ちがあることもあり、慎重に自分のスキルを見直し、希望するキャリアプランがどこにあるのかを考えている傾向が強くなります。

その上で求職をしているので、漠然としたたくさんの新卒の中から選んだ挙句に他者に行かれてしまうこともある、採用活動よりも効率がよいといえます。

第二新卒というと以前はマイナスのイメージを持つ企業も少なからずありましたが、実際にこれらの層が入社し、思いがけず良い結果を出してきたことでプラスイメージへと転化しつつあり、キャリア採用の一つの柱へと成長しつつあります。

かつての終身雇用が多くの会社で中心的な形態ではなくなってきた今、様々なキャリア採用の中でも、フレッシュで低コストの人材を比較的容易に獲得できる第二新卒は多くの中小企業などで着目されているのです。