内定を手に入れろ!第二新卒の転職活動ガイド

第二新卒の現状を知ることが、転職を成功させる秘訣です

若手社会人としてまだまだ伸びしろを持っている第二新卒ですが、実際に人材を採用している企業側としてはどのようなイメージを持って採用をしているのでしょうか。

ある調査では第二新卒でも積極的に採用しているという企業はそれほど多くなく、調査対象となった企業のうち半数以下という結果が出ています。

日本でも会社経営のグローバル化が進んでいるものの、第二新卒は新卒入社から3年以内に退職した人が対象となるため、いまだ「短期間しか働いていない」、「転職してもまたすぐ辞めるのでは」というようなネガティブなイメージがあるようなのです。

第二新卒に限らずキャリアアップや年収アップを目指した転職も珍しいものではなくなってきましたが、日本ではまだまだ転職についていいイメージを持っていない人も多いということかもしれません。

ただ第二新卒に対し、ある程度社会人としての基本スキルが備わっており、新しい仕事に対する意欲が強い若手として、プラスイメージを持って積極的に採用を進めている企業があるというのも事実です。

第二新卒はキャリアを積んだ転職者と比べるとまだ若い世代が多く、柔軟な考え方や仕事へのやる気などを持っていると考えている企業は、採用面接の結果次第で第二新卒の採用を決めることも少なくありません。

こうして比べてみると、人材を採用する企業側の第二新卒に対するイメージは、プラスイメージとマイナスイメージとで両極端な印象があります。

第二新卒も積極的に採用しているという企業も増えてきている一方、第二新卒に対してまったくいいイメージを持てないという企業もあるということです。

新卒入社から早い時期に退社をして第二新卒となる理由は人によってそれぞれですが、第二新卒として転職を目指すならなるべくブランクの短いうちに、また転職する理由や新しい職場を選ぶ理由などを具体的に、明確に説明できるようにしておくことが大切です。

どんな企業も第二新卒という立場を歓迎しているわけではないということを忘れないようにしたいですね。

第二新卒の転職方法

ネガティブなイメージもつきやすい第二新卒ですが、社会人経験を持つ若手として将来性を秘めているのも事実です。

では第二新卒となった場合の就職活動や転職活動はどのようにすべきなのでしょうか。

一般的な転職・就職情報サイトや情報誌、ハローワークなどで希望にあった求人情報を探して応募するのが一般的な転職方法ですが、この場合第二新卒だけでなくある程度のキャリアを持った転職者や、卒業までに就職が決まらなかった既卒者との競合になってしまい、希望する職種や職場への転職がなかなか決められないということがあるかもしれません。

そこでぜひ利用したいのが第二新卒に着目した転職情報サイトです。

第二新卒を中心に既卒やフリーターとして働いている若い世代を主な対象とした就職・転職情報を取り扱っているサイトなので、求人情報を掲載している企業は第二新卒の採用に積極的であることがわかります。

転職や就職全般の情報を取り扱っているサイトでも、第二新卒と呼ばれる人たちが増えてきているのに注目しており、第二新卒を積極的に採用しようと考えている企業の求人情報を特集していることもあります。

こうした第二新卒を中心とした若い世代の就職をサポートしてくれる情報サイトの中には、転職について詳しくアドバイスしてくれるカウンセリングを利用できるサイトもあります。

ひとりひとりの希望を聞いた上で次の職場を探すためのアドバイスをおこなってくれるので、初めての転職活動や長いブランクがある場合でも安心できそうですね。

カウンセリングだけでなく、専任のサポーターによる就職支援が受けられるサイトやサービスも増えてきています。

面接の日取りや切り出しにくい給与面など待遇についての交渉もおまかせできるので、転職活動に自信がないという人はこうしたサービスを利用する方法もあります。

転職・就職の求人情報だけでなく、第二新卒や既卒など若い世代の転職・就職が有利になるノウハウなども紹介されていることがあるので、第二新卒となったらまずはこうしたサイトを覗いてみることで転職がしやすく感じることがあるかもしれません。

お役立ちサイトをPick UP

第二新卒の転職・就職ガイド
このサイトはお役立ち情報が満載!第二新卒者は必見の優良サイト。要チェック!